眉毛エクステ

危険!眉毛エクステのアレルギー症状について気を付けること

一本ずつ眉毛に取り付けていき、ナチュラルに長さや濃さを調整することができる眉毛エクステ。 軽くてナチュラルにできますし、第一印象を良くする効果もありますし、素晴らしい方法です。 眉毛エクステは女子高生など未成年よりも働いている女性や主婦から評判の高い技術でここ最近はまつ毛エクステよりも注目率が高いのではないかと言われているほどです。 こんなにも注目されていると当然施術を受けたい方も増えてくると思います。

 

ですがその全員には眉毛エクステを受けることができません。なぜかというと体質的に眉毛エクステをするとアレルギー反応を起こしてしまう人がいます。そのアレルギー反応が出るほとんどの理由はつけるときに使用するグルーと呼ばれるエクステ専用の接着剤です。これにアレルギー反応を起こしてしまう人がいるようです。ただグルーのどれが原因になっているのかはわかっておりません。グルーの中にはアレルギー反応に対応した接着剤も存在するのですが、既存のより接着力が弱いこともあり持続力が悪くコスパ的に考えるとなかなかそれにしようとすんなり変える人はあまり多くありません。

 

眉毛エクステも連日技術は進歩してきて、お肌にも負担がかからないグルーもたくさん作られているのですが、アレルギー反応でのトラブルの件数は完全になくなることはありません。 何故アレルギー反応でのトラブルが多くあるのでしょうか?

 

 

アレルギーの大部分の理由がグルー

 

眉毛エクステのアレルギー反応の一番の理由はそのグルーです。アレルギー反応もまた色々な人がいて施術したすぐにかゆみや赤みが出たりする人や何か月も眉毛エクステをしてもらって急に症状が出たという人もいます。グルーの何が原因なのかわかればまだいいのですが、先ほど上記で上げたとおりにグルーのどの成分が原因になっているのかがわかりません。その理由はほとんどのグルー日本製ではなく海外から輸入される商品です。

 

輸入されるグルーは日本みたいにしっかり成分表示しないでもいい国もあって規制が緩いです。 どんな成分が入っているかわからないのはとても怖いですよね。 もし周りの眉毛エクステサロンで相場よりもコストがかなり安い店舗がありましたら、グルーのようにコストカットで日本製ではなく海外から輸入していることがもありますので注意してください。

 

グルーのどれが反応を起こしてしまうの?

 

「肌にグルーがついた!」と肌荒れになるった言われるのは実際のところあまりないと思います。そのような事が起こったのであればこれは「サロンスタッフの技量が悪かった」になります。 エクステをつけることを仕事にしているスタッフがお客様の皮膚にグルーをつけてしまう初歩的なミスはいないでしょう。ですが異常が出たお客様の中ではスタッフの技量によるミスだと思う人は結構多いです。自分は何もしていないし、対応してくれた人はそのサロンスタッフ一人だけだったことからもあるでしょう。ですが 肌にグルーがついていないのにアレルギー反応が出てしまう人が多数います。

 

・施術中になにかの理由で眉周辺に直接ついてしまう。

 

・またグルーが完全に固まっていないときに、汗やクレンジングなどで成分が溶けだしてしまい刺激になる

 

・乾燥するまでに気化してグルーの成分が刺激になる。

 

・眉を強くこすったてお肌が傷ついてしまい、刺激になる

 

などあります。ほとんどブチルシアノクリレートやエチルシアノアクリレートというグルーの成分が理由となっています。前者は医療用だとも言われていますが、刺激性は出ていると事例があります。 この成分の他にはカーボンや樹脂によるアレルギー反応も確認されています。

 

アレルギーかもしれない人に症状の例?

 

眉毛エクステを施術してもらってから日にちが経過してから、以下のアレルギー症状が出てきたのでしたら注意してください。

 

・眉や眉周囲がかゆくてかいてしまう

 

・眉周辺が赤くかぶれてくる

 

・眉の皮膚がかさつく

 

眉のトラブルもそうなのですが

 

・くしゃみがずっと続く

 

・水っぼい鼻水が出続ける

 

という鼻にくる花粉症に近い不調が出てくる場合もあります。花粉症もアレルギーと言えますからね。 ですので何かおかしいな?と感じたら早めに眉毛エクステを取り外してみてください。少しもったいない気がしますが、これで異常が軽減したのであれば、接着剤によるアレルギー反応であることがわかります。

 

グルーによるアレルギーにならないために

 

相談をしましょう。

 

施術をしてもらう前には必カウンセリングをやって、少しでも疑問点があれば確認しておくことが大事です。眉毛エクステとはどう言った施術をするのか?これらを、バッチリ理解してから施術をしてもらいましょう。エクステサロンの中には大した説明もされず施術を開始するお店も少なからずありますスタッフはきちっと施術を知っているのかをわかるためにはサロンスタッフばかりではなく自分の意見も話して相談しあった方がいいでしょう。

 

パッチテストを受けよう

 

手間かもしれないけれど、施術前にパッチテストを実行しましょう。パッチテストは数本試験的に付けてみて数日間状態を確認してみるという形で実践してるサロンが大半だと思います。お肌にじかにつけるものではないのです。ですので付けてからすぐに反応が出てくることは考えにくいです。悩みが完全されると聞き早く施術したい気持ちはわかりますが、眉元は私たちが思っているよりもデリケートです。自身に適したグルーを発見するために時間を使ってでもやってほしいと思います。

 

我慢しない

 

とはいっても、最初からアレルギーをがある方であればパッチテストはかなり実効性ある手段ですが多くの人はずっと問題なかったのにある日から急に眉元に異常が出てしまう方のほうがたくさんいます。アレルギーというのは少しずつ徐々に蓄積されるものです。蓄積され続けて耐えられなくなると反応が出てしますのです。 なんかかゆいな?ちょっと赤いな?など少しでも異常を感じたら 早急に対応しましょう。今まで異常がなかった方ほど、眉毛エクステ以外の原因として感じてしまうためアレルギー反応をひどくなってしまいやすいのです。 上記のような症状が感じたら「もしや眉毛エクステの?」と勘づいてください。

 

最後に

 

アアレルギー反応が出た=二度と眉エクが施術できないことはありません。アレルギー反応に対応している低刺激のグルーに変更すれば続けることが可能です。お勧めは「成分の表示」がわかっているグルーを使用しているサロンを見つけることです。眉毛エクステのアレルギートラブルが増え続けていることから近頃嬉しいことに成分表示が記載されているのが普通になってきています。成分表示がわかれば原因が判明することもできます。 お肌や眉を傷つけてしまわないように、異常を感じたらすぐに相談して対応していきましょう。